【ダウ理論】トレンド転換の原則を知ろう

FX基礎

こんにちは!
よっしゃ~です。

 

今回はFXしているなら
絶対に理解しておくべき
「ダウ理論」の重要性について
解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

「ダウ理論」だけ使いこなせれば月単位で勝てます。

 

「ダウ理論」とは?

チャールズ・ダウ(1851~1902)が
初めて体系的に構築したチャート分析理論。

つまり値動きの分析の基礎となった理論です。

 

ただそんな昔に彼がつくった
この「ダウ理論」がなぜ未だに重要なのか?

 

《この記事のザックリ内容》
・ダウ理論は相場の「原理原則」
・エントリーポイントを絞る目安になる
・全ての時間足に応用できる

 

 

 

ダウ理論は相場の「原理原則」

 

相場の値動きには実は

トレンドは「明確」な転換シグナルが
発生するまでは継続する

という「原理原則」があります。

 

 

それにあたるのが
ダウ理論の中でも一番重要な理論
「トレンドの定義」です。

 

なのでまずは
どのような状態であればトレンドなのか
「トレンドの定義」を理解しましょう!

 

 

トレンドの定義

 

トレンドは、
安値と高値の推移から判断します。

トレンドの定義は簡単で
安値と高値が切り上がって推移しているのか
それとも切り下がって推移しているのか
の判断基準で定義しています。

 

 

トレンドの変化

安値が切り下がるとトレンドに変化が出始める

買い目線の参加者は
安値の切り上がりを確認して買っています。

 

そのあと、
一度でも安値の切り下がりが起きると
それを基準に売り目線の参加者が出現しはじめるので

 

力関係が崩れてきて、
トレンドの流れに変化が生じます。

 

 

 

 

エントリーポイントを絞る目安になる

 

理由①のつづきになるけど
「トレンドの変化」を理解できるってことは

 

これは必然的にエントリーポイントを
「絞る」ことができます。

 

 

「今はまだトレンド定義が壊れてないから
エントリーすべきじゃないな」

 

「さっきより高値が下がってるから
準備しておこうかな」

 

 

「トレンドの定義」を知ることで
明確な「判断の基準」をつくることができます。

 

なので逆にいうと
エントリーを絞れていないってことは
明確な「判断基準」を持っていない
ということです。

 

 

 

全ての時間足に応用できる

 

ダウ理論のすごいところは
「全ての時間足」で応用できることです。

 

スキャルやデイトレ、スイング
みなさんにあったスタイルがあると思うけど
その全てに応用できるってことです。

 

 

ただ注意点としては
相場を支配しているトレンドは
「長期足」ということです。

 

なのでトレンドの定義で
トレンド流れを判断するときは
まずは自分が見ている
「時間足」を基準にするんじゃなくて

 

より長期の時間足から「俯瞰」して
相場の流れを判断する必要があります。

 

 

 

さてさて今回のまとめですが

「ダウ理論」だけ使いこなせれば月単位で勝てます。

 

このダウ理論は僕でさえ
いまだにエントリーするときの
最大の「判断材料」にしています。

 

もっと細かく判断するには
「大ダウ」「中ダウ」「小ダウ」
といった概念も理解する必要がありますが

 

まずはダウ理論の中で一番大事な理論
「トレンドの定義」をリアルトレードで
使いこなせるように意識していきましょう♪

 

ではまた。

 

——-P.S.—————-

 

【FX初心者でもたった3ヶ月で
月5万円を安定して稼げるスキル無料公開】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FX初心者でも月5万円を安定して稼げるスキル無料公開
今回特別にFX初心者でも月5万円を安定的に稼げるスキルを無料公開することを決めました。会社に依存せず個人で稼ぐ時代。まずはその一歩をFXで味わってみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました