「資金管理バランス」でFX寿命が決まる

資金管理

こんにちは!
よっしゃ~です。

 

今回は勝ち続けるトレーダーたちが
口を揃えて一番重要だというスキル
「資金管理」について解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

最重要スキルは、損失と利益の「資金管理バランス」

 

世の中には一般人にとっての
「世間の常識」ってありますよね。

 

でも逆に「富裕層の常識」
みたいのがあるわけです。

 

それが明らかに
双方の常識に違いがあるのが
「資金管理」のバランスなんです。

 

《この記事のザックリ内容》
・勝ち続ける投資家ほど「資金管理」を徹底している。
・資産は、「時間のレバレッジ」で増やす

 

 

 

 

勝ち続ける投資家ほど「資金管理」を徹底している。

 

この前ノマド投資家の
友人たちと話したんですが

 

非常に面白いと思うことがあって
会話の中でもっとも沢山出てきたのが
「資金管理」の話でした。

 

それでよく一般の常識?
なのか分からないけど
多くの教材で言われている
「資金管理」ってのは

 

実は相当「甘い」のです。

 

実はプロトレーダーとかの投資家って
この「1トレードごとの損失を何%にするか??」

ってところですごい議論するんです。

 

それで僕なんかは最初の頃は
1トレードの損失10%でやってましたが
今考えたら無謀であって、終わってました。

 

この10%ってのはそれこそ資金が少なくて
10万円でトレードする人なら
まだ1万円ですむからいいのかもですが

これが1000万円とかになってくると
1トレードの損失は100万円ですね。

 

2連敗するだけで200万円。

 

これで精神を正常に保てるってのは結構
超人的鉄の心を持ってる人なわけですが

通常人間ってのはそこまで強い精神を
持ってる人はいないわけです。

 

それでプロのトレーダーのある意味
「稼いでる人の常識」ってのがあって

 

それが
「本当に熟練したすごい実力のトレーダーで
損失のパーセンテージは4%~5%。
が通常長く生き残るためには2%が適正」

なんて話をするわけです。

 

 

ちなみにこの2%ってのは
それこそ世の中にはすごい稼いでる
億トレーダーがいますが
彼らでも「2%」かに設定したりします。

【資金管理】ロストカットから免れるテクニック
今回は資金管理スキルの1つとして「損失額」の設定方法について解説します。相場で生き残る人の共通点は、徹底した「資金管理」です。その一つに損失額を「2%」以内に設定するルールがあります。

 

 

だから例えば1000万円
運用すんなら20万円ですね。

 

損失が。

 

その20万円の経費をかけて、
それで60万円とか80万円を
稼いで行く、みたいなトレードです。

 

それで、やはり投資ってのは
お金があると有利なわけです。

 

資産が1億円あれば2000万円運用しても
資産の5分の1でしかありませんで
その2000万円の2%だと40万円の損失。

 

これは1億円の資産の場合だと
たいした額じゃないわけです。

 

精神的余裕が違います。

 

 

逆にリスクリワードで
1:5のトレードをするとしたら

 

利益5、損失1の割合だと
利益が10%でるわけですが
そこでは400万円とかの利益です。

 

だから実は全然2%でも
大きいくらいで資産億あたりになると
やはり損失ってのは1%前後で
設定することが多いわけです。

 

だから月利10%出たとしても
元本が大きいわけだから
200万円となるわけですが、

「無理」しなくていいわけです。

 

 

逆に資産がない場合、

まず「心に余裕がなくなる」わけです。

 

昔の僕がそうだったけど
例えば300万円くらいしか
貯金とか資産がなくて
100万円を投資金に充てたとして

 

そこで20万円も失ったら結構「うわーー」

と思うわけです。

 

その損失の「精神的な重み」
ってのがあって

それが資産がない人のほうが
高くなるわけです。

 

これ、投資の心理学ですごい重要なのですが
だからどうしても投資ってのは
原資があるほうが有利である。

というのはあるわけです。

 

投資ってのはあくまで
資産を作るためにやるものであるから

 

そう考えると損失を1トレードあたり
大体1%から5%の間で
自分の心理と相談して設定していく
という作業が必要なわけですね。

 

だから注目してほしいのは
素人は利益から考えるけど
プロの投資家は「損失」から考える。

バフェットの投資哲学「負けない」ことの重要性
こんにちは! よっしゃ〜です。 今回は世界一の投資家 ウォーレン・バフェットの持つ 徹底したルールを紹介します! FX初心者こそ、バフェットのトレードルールを徹底的に頭に叩きこむべき ウォーレ...

 

 

彼らプロトレーダーが作る言葉が
「リスクリワード」です。

 

「リスク=損失
リワード=利益」です。

 

決してリワードリスク、
ではないわけです。

 

「リスク」が最初にきて、
「リワード」となって

「リスクリワード
Risk/Reward」
です。

 

 

 

 

資産は、「時間のレバレッジ」で増やす

 

ほとんどの方にとって
「レバレッジ」と聞くと
「お金」のレバレッジを
真っ先に想像すると思います。

 

でも長期的に生き残り
資産を増やしていくには

 

お金でなく、
「時間」のレバレッジを
応用する必要があります。

 

その死なずに「時間」を作るために
絶対に必要なものが「資金管理」です。

 

たとえば

最低月5万円を
口座に積み立てていきます。

 

最初は10万円の口座もこれ、
1年続けたら積み立て分だけでも
70万円になります。2年で130万円くらいです。

 

そこでそこにFXの月利20%プラス
みたいのがかかってくると
どんどん資産ってのは

 

「時間のレバレッジ」が効いて
大きくなるんです。

副業で稼ぐならFXです【副業解禁の時代に乗ろう】
こんにちは! よっしゃ〜です。 今回は副業としてFXは 必要なスキルなのか? について解説してきます! FXで稼ぐスキルは絶対に必要。 最近だとアフィリや情報商材 ...

 

 

よく「即,,金」の話とかあるけど
それはやっぱりよくなくて

 

投資の真髄はそこに
月利10%~20%でいいから

 

それを「継続」していって
そこに時間のレバレッジをかけて
どんどん資産を大きくするってことになります。

 

 

それの逆のことやる
普通の人たちのトレードが
ギャンブルチックなんです。

 

ちなみに僕の友人も
10万円を1000万円にしたのは
その前に「数年間」の勉強時間があったんです。

 

それで特に勉強期間、
検証期間なくてそれをやろうとした
僕の友人でいたけどどこかの時点で
大損してやっぱり途中で消えています。

 

そういう
「一攫千金億万長者」みたいな思考ってのは
結構終わってるんですね。

 

資本主義ってのは厳しいのですよ、ほんと。
10万円を12万円にして、
それを15万円にしてそれを22万円にして・・・

 

みたいなのを
とにかく繰り返していくってのが
資産形成のためにとても大事だと思います。

 

それで最初お金ないときは
毎月の労働収入とかがあるけど
そこから5万円なり10万円を
毎月積み立てるわけです。

 

それで原資を確立していくわけです。
大体3年~4年で結構大きな額になってきます。

 

ちょっとずつちょっとずつ、
資産を作っていくってのが大事であって
僕もいろいろなひとみたけど、

 

結局生き残ってるのは
そういう人たちだけだったんです。

 

 

 

それでこの資金管理において

「5%なんて少ない!
トレードの破産確率を
考えれば10%でも大丈夫」

 

みたいな方も実際たくさんいて
これはそういう人が後で痛い目合わないように
と思って書くのだけどかなり危険です。

 

それは
「資金溶かしたら」分かります。

 

資金管理上は本当に優れている、
投資経験が10年以上あって
ずーっと勝ち続けているみたいな
そんなかなりの水準のトレーダーでも

 

ようやく4%~5%です。
が、投資を続けていると
元本が大きくなってくるので

 

これはプロトレーダーの講師さんとも
いろいろ話すのですが
「今までは3%でやってたけどこれを
『1%以下』に落としていこうと思ってる」

なんていう人もいるのですね。

 

つまり

そのほうが「安定」するからです。

 

 

 

今回のまとめ

 

最重要スキルは、
損失と利益の「資金管理バランス」

 

「資金管理」については
これまでの記事でもなんども
解説してきましたが

 

それくら一番重要なスキルが
「資金管理」なんです。

 

すぐ死なないために
お金ではなく、「時間」のレバレッジを使った
資産運用を意識するようにしていきましょう!

 

ではまた。

 

 

——-P.S.—————-

 

【FX初心者でもたった3ヶ月で
月5万円を安定して稼げるスキル無料公開】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FX初心者でも月5万円を安定して稼げるスキル無料公開
今回特別にFX初心者でも月5万円を安定的に稼げるスキルを無料公開することを決めました。会社に依存せず個人で稼ぐ時代。まずはその一歩をFXで味わってみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました